2006年04月01日

1,お値段と使い方

青春18きっぷ(ノーマル)
青春18きっぷは5枚綴りで¥11500。名前にごまかされがちですが、年齢制限はありません。ココロの中が青春真っ直中であれば何歳だって青春18切符ユーザーなのですよ。
どこから乗ってもどこで降りても5枚綴りで¥11500です。1人で5日間使うも良し。5人グループで1日だけ使うも良しです。ただし、グループの場合、同一行程でと言う制限が付きます。購入は近くの駅の「みどりの窓口」で買うことが出来ます。窓口氏に「青春18切符ください」と言えば、特に問題ないでしょう。一部マニア向けには「赤い青春18きっぷ(常備券)」と言うものもあります。切符の効力は「みどりの窓口」で通常に発券される青春18切符と同一です。赤いからと言って3倍のスピードで進める、キャスバル兄さん専用とか言うことはありません。

使うときは有人改札を通ってください。自動改札は青春18切符を受け付けません。みどりの窓口発行のノーマル切符は受け付けても良いんじゃないかなって思いますけどね。まぁ、入鋏印が見えないと面倒な事が大印でって気もしますけど。無人駅から列車に乗った場合は当該列車の車掌氏にその日の印をもらいましょう。列車がワンマンだったり列車内で貰い損ねた場合は最初の下車駅で印をもらいましょう。

発売期間・使用期間が決まっているのも青春18切符の特徴です。切符の名前の通り、学生さんの夏休みに合わせての発売です。なので、春・夏・冬の発売と覚えておくと良いかなと思います。

※販売・使用期間
2006年夏
販売期間 2006/7/1-2006/8/31
使用期間 2006/7/20-2006/9/10

2006年冬
発売期間 2006/12/1-2007/1/10
使用期間 2006/12/10-2007/1/20

2007年春
発売期間 (未発表)
販売期間 (未発表)

※赤い青春18きっぷとは?
青春18きっぷ(常備券)
JR北海道・西日本・四国・九州の一部駅で購入できる赤い用紙に印刷された青春18きっぷ。赤い地の用紙は風情があって、実にいい塩梅。日付印記入箇所が一般券と比べると見やすいので、実用目的で購入する人も多いようです。基本は常備券を取り扱っている窓口での購入ですが、一部駅(北陸本線 筒石駅など)では通販も行っています。購入したい向きは問い合わせて見るのが吉。ま、「青春18切符 常備券」あたりでググってみるのがよいと思います。
posted by おさない at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 青春18きっぷおさらい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/932134
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック