2007年01月18日

4,下車印

この項目はお作法というか、ネタというか、記念というか……。赤い青春18きっぷを使っていると、どうしても下車駅下車駅でいわゆる下車印を貰いたくなってしまいます。実際、いい旅の記念になりますし、そこの駅は降りたんだぞ! と言う記録にもなりますわな。まぁ、長時間停車の暇つぶしで下車印を貰うパターンもあったりなかったりしますけどね。

折角なので、私が使った赤い青春18きっぷに押して貰った日付印と下車印を晒してみようかと思います。

2005年・夏

一回目:横浜駅(東海道線他:JR東日本)2005/8/12
二回目:岡山車掌区(ムーンライト高知車内:JR西日本)2005/8/13
三回目:高知駅(土讃線:JR四国)2005/8/14
四回目:高松駅(予讃線他:JR四国)2005/8/15
五回目:富山駅(北陸本線:JR西日本)2005/8/16

下車駅(順不同)
丹波口、高知、後免、阿波池田、宇多津、高松、児島、京都、東京、茶屋町、越後湯沢
琴平、宇治、関西空港、姫路、福知山、米原、筒石、伊丹、高崎、糸魚川、富山、岡山

2006年・冬

一回目:鶴見駅(鶴見線他:JR東日本)2005/12/29
二回目:新潟駅(信越本線他:JR東日本)2005/12/30
三回目:新前橋運輸区(ワープ中の特急「水上」レチ氏:JR東日本)2006/1/2
四回目:富山駅(北陸本線:JR西日本)2006/1/3
五回目:福島駅(東北本線他:JR東日本)2006/1/4

下車印(順不同)
利府、藤田、仙台、会津若松、筒石、富山、長岡、直江津、新潟、新津、新宿
拝島、武蔵五日市、横浜、鶴見、米沢、あおば通

2006年・夏

一回目:松本運輸区(ムーンライト信州車内:JR東日本)2006/8/11
二回目:徳島駅(高徳線他:JR四国)2006/8/14
三回目:高松駅(予讃線他:JR四国)2006/8/15
四回目:新今宮駅(大阪環状線:JR西日本)2006/8/16
五回目:横浜駅(東海道線他:JR東日本)2006/9/6(消化)

下車印(順不同)
高松、姫路、亀山、中津川、伊賀上野、岡谷、大阪、福知山、徳島、塩尻
鳴門、中田、京都、甲府、橋本、辰野、高崎、越後湯沢、長岡、上諏訪
南小谷、柏崎、白馬、鳥取

2007年・冬

一回目:新今宮駅(大阪環状線:JR西日本)2007/1/1
二回目:松山駅(予讃線:JR四国)2007/1/2
三回目:高知運転所(ムーンライト高知車内:JR四国)2007/1/3(薄くて見えないw)
四回目:長野駅(信越本線・篠ノ井線他:JR東日本)2007/1/4
五回目:烏山駅(烏山線:JR東日本)2007/1/8

下車印(順不同)
徳島、長野、日光、烏山、東飯能、和歌山、宇和島、高松、糸魚川、阿波池田、伊予大洲
窪川、高岡、高知、近江今津、十日町、城端、宇都宮、熊谷、伊予西条


下車印を貰うときは「場の空気を読んで」改札窓口氏が忙しくないところをちゃんと見てからお願いしましょう。既に窓口がお客さんで埋まっていたら、(乗り換えや折り返しの時間があろうが無かろうが)無理に下車印を貰うことなく過ごすのが吉じゃないかしらと。あくまでも押して貰っているって塩梅で行きたいモノですね。

要するに「個人的記念を駅員さんの好意で刻んでもらっている」それ位で丁度良いと思うんですけどね。規則を持ち出して「(下車印を)貰うのはいかがなものか」的というか杓子定規というか、そんな言い切りにはげんなりですが……。旅の人、働く人……お互いがお互いともに「暗黙の了解」で楽しむのは良いことだと思うんだけどね。まぁ、その「暗黙の了解」を崩すような輩が旅の人に多いのが問題なんだろうけど、ねぇ。

とにかくまぁ、下車印はいい記念になると思うですし、赤い青春18きっぷで旅をしたら下車印を貰って楽しむのも良いんじゃないかしらとアタシは思います。


※通常の青春18きっぷでは?
いわゆる普通のマルス券だと、券面自体が狭いので日付印やら何やらで大騒ぎwになる可能性有り。付属の青春18きっぷ説明紙に押して貰う手もあるようですけどね。この辺は自己責任で楽しんでくだされ。
posted by おさない at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 青春18きっぷ旅のお作法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3124484
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック